2泊3日旅行 in コペンハーゲン②:人気観光地紹介【デンマーク】

Travel

みなさん、Hej hej! yunaです(^ν^)デンマーク語で「こんにちは」という意味の、”Hej hej”を使ってみました!

今日のエピソードは、コペンハーゲン旅行2日目についてです。2泊3日旅行のうちの2日目は、ニューハウン人魚の像などの、有名な観光地をたくさん訪れました。ローカルで人気のパン屋さんや食品マーケットにも寄ったので、まとめて紹介します。

1日目のエピソードをまだ見ていない方は、下のリンクからどうぞ!

イングランド人オーナーのパン屋さん・ハートバゲリ(Hart Bageri)

コペンハーゲンで、人気のパン屋さんのうちの1つであり、開店時間には、行列ができるそうです。

ホテルから、徒歩で25分だったので、歩いていきました。

街中にはモダン調ヨーロピアンな建物が並び、その景色を見ながらの散歩は、贅沢この上ないですね。

時間もあっという間に過ぎてしまうものです。

お店の外のイートイン・スペースにも、数人のお客さんが、会話を楽しんでいます。

これはヨーロッパあるある?なのですが、天気の良い日(曇りも含む)には、外のイートイン・スペースに出て、人との会話と、外の空気を楽しみながら食事をするのが、ヨーロピアン風です。

日本と違って、外の空気が冷たい、さむ〜〜〜い極寒の日でも、外で食事を楽しんでいる人がいるので、文化の違いを知ることができました。

ハートバゲリで購入したパン・オ・ショコラは、Landbohojskolens Haveという公園で、いただきました。

公園のすぐ隣に、コペンハーゲン大学のフレデリクスベアキャンパスがあり、キャンパスの美しさに圧倒されました。こんな素敵な大学で勉強できたら、勉強が捗りそうです。

コペンハーゲン大学フレデリクスベアキャンパス

ニューハウン(Nyhavn)

コペンハーゲンと言ったら絶対に外せない、ニューハウン(Nyhavn)

街の中心部分である、コンゲンス・ニュートー広場(Kongens Nytorv)を通ったら、ニューハウンはもうすぐそこです。

コンゲンス・ニュートー広場

ニューハウンは、とても人気の観光地なので、常にかなりの人で賑わっています。しかし、広いので、意外と人が分散されていて、写真スポットも数多くあります。

鮮やかな色の建物と、淡い海のコントラストが、とても美しいですね。

ニューハウン周辺には、たくさんのショップが並んでいます。この日は、目に止まった、ジェラート屋さんの看板がとても可愛らしかったので、ついつい入ってしまいました。

ストロイエ(Strøget)

ストロイエにある、コウノトリの泉(Storkespringvandet)

ストロイエ(Strøget)は、多くのカフェやショップが並ぶ、歩行者専用道路です。

どのお店も、観光客で混み合っていますが、散歩をしているだけでも、十分楽しめます。

ストロイエ付近にある、ILLUMというショッピングセンターには、なんと、無印良品のお店が入っていました。しかし、商品のお値段は、コペンハーゲン価格(笑)

おしゃれな雑貨やインテリアが、たくさん並んでおり、ウィンドウショッピングを楽しむことができました。

無印良品に、日本のお酒や、みかんジュースなんかも売られています
変わった形のキャンドル立て

カステレット(Kastellet)

星形の要塞カステレット(Kastellet)では、運がいいと、兵士の交代式典や、演奏会が開催されています。

小規模ながらも、迫力は満点で、ついつい立ち止まって見入ってしまいますよ。

人魚の像(The Little Mermaid)

コペンハーゲン観光は、アンデルセンの童話なしには終われません。

人魚の像(The Little Mermiad)の、生みの親である、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)は、デンマーク出身の童話作家です。

コペンハーゲンは、アンデルセンが、生涯を終えた街なので、街中のギフトショップでは、アンデルセンの作品がモチーフとなったお土産が多く、とても人気です。

人魚姫の像の真後ろは、工業地帯となっているので、写真を撮ると、煙やら、いろいろなものが写り込んでしまいます。

こうやって見てみると、「世界3大残念」と言われている理由が、少しわかるかもしれません(笑)

私自身、この像は、現代に迷い込んでしまった人魚姫、のような雰囲気が感じられて、嫌いではないです。

生鮮食品マーケット・TorvehallerneKBH

食品マーケットのToevehallerneKBHには、いろいろな生鮮食品が並んでいます。

色々な国の伝統料理を、カウンターや外のベンチに座って、楽しむことができます。

外の屋台で売られていた、韓国パンケーキ・サンドは、リーゾナブルな値段で、チーズとメイプルシロップが挟んであるホットサンドで、絶品でした!♡

見るだけでも良し、座って食べるでも良し、な自由なスタイルで楽しむことができる、TorvehallerneKBHは、家族連れで来ている方も、非常に多い印象でした。

チボリ(Tivoli)

アトラクション好きにはマスト!の遊園地、チボリ(Tivoli)

周辺では、ローカルのお客さんや観光客が、遊園地に入るための列を作っていたり、アトラクションの光が、遊園地の敷地外にも漏れていたりで、賑やかです。

チケット情報は、以下の通りです。

チケット特徴料金(大人)
Tivoli Pass・年間パス
・3〜7歳の子供は2人まで同伴無料
・その他にも特典あり
399DKK〜/年
Entrance and Ride Pass・入場パスとライドパスがセット
・3〜7歳の子供は209DKK〜
419DKK〜
Entrance・入場パスのみ
・3〜7歳の子供は80DKK〜
・3歳以下の子供は無料
160DKK〜
Ride Pass・ライドパスのみ(入場パスを持っている人向け)
・1〜7歳の子供は149DKK〜
・1歳以下の子供は買う必要なし
299DKK〜
Tivoli」より

常に人で溢れかえってはいますが、夜の暗闇の中に光る、アトラクションやショップの光でキラキラしており、とても美しい空間です。

デンマークの伝統の食べ物である、ホットドッグは、忘れてはいけません!

甘めのパン、ジューシーなソーセージ、香りの良いマスタードと相性のいい、ピクルスのコンビネーションが、絶妙にマッチしていて、とても美味です。

秋の夜は冷え込むので、ホットチョコレートで体を温め直しました。

これで、コペンハーゲン旅行の、3分の2が終了しました。

かなり詰め込んだ1日でしたが、有名な観光場所を、たくさん回ることができたので、とっても満足した2日目になりました。

最後のエピソードの、3日目の旅行記も、お楽しみに〜〜〜!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

love,

yuna