追加料金1人$250…?!冷や汗かいた事件 in カリフォルニアディズニーランド【アメリカ】

Travel

みなさんこんにちは!yunaです( ・∇・)

本日のエピソードは、カリフォルニアにあるディズニーランドで、起こったハプニングについてです。去年の9月に、旅行で、妹と訪れたカリフォルニアでの、一番の目玉は、カリフォルニアディズニーランドでした。チケットは事前購入してあったので、あとは無事にパークに着くだけ…と思いきや、入園ゲートに到着するや否や、パーク内に入れないことに気付きます。一体、何が起こってしまったのか…ハプニングの詳細をシェアしたいと思います。カリフォルニア旅行で訪れた、いろいろな場所のエピソードを知りたい方は、以下のリンクから飛ぶことができるので、ぜひチェックしてください\\\\٩( ‘ω’ )و ////

オンラインでチケット購入【AttractionTicket.com】

いろいろなオプションが付いた、お得なチケットを購入できるサイトAttractionTickets.comで、ディズニーランドのチケットを手配しました。AttractionTickets.comについては、以前、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド旅行のエピソードで、詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。

私が購入したチケットは、Disneyland California 2 Day Tickets (One Park Per Day)という、1日1パークずつ、2日間楽しむことができるチケットです。1日目にパークインしてから、13日以内であればいつでも、2日目のチケットを使用できます。購入した当時は、2日間のチケットで、1人$211だったので、1日あたり約$105の計算になります。少し(いや、かなり?)割高ですが…パークの規模が広いので、仕方がないですね。チケット購入ページに、規約が書かれているのですが、今思えば、この規約にしっかりと目を通しておけばよかったと、反省しています。全く目を通さずに、2人分のチケット購入が完了し、購入完了メールを受け取りました。メールに記載されていたURLをクリックし、チケット予約番号とメールアドレスを入力すると、チケットのQRコードが出てくるので、それを確認して、そのままパークイン当日まで、放置していました。

事前に購入したチケットが、なぜか無効に

滞在先であるAirBnbから、ディズニーランドの入園ゲートまで、片道2時間かけ、やっと到着した時には、嬉しさと興奮で、ニヤニヤが止まりませんでした。チケットのQRコードで入園するために、再びAttractionTickets.comにログインし、いざパークイン!!!…ところが、入園ゲートで、いくらQRコードをかざしても、反応なし。しまいには、その場にいたスタッフに「そのQRコードは使えないよ」と言われてしまいました。

一体なぜ…???チケットは事前購入を、確実に完了していたし、サイトにアクセスして、QRコードも確認しており、パークイン前にやらないといけないことは、すべて完了しているはずなのに…不審に思い、再びAttractionTickets.comのサイトに、チケット予約番号とメールアドレスでログインすると、とんでもない失態を犯していた事に気づきました。それは、チケット購入時に、サイトにアクセスし、パークインの日付を指定していなかった事です。

チケット購入ページまで遡って、チケットの詳細を確認してみると、複数の規約が書かれており、その中に、「チケット購入後は、必ずパークインの日時も予約してください。チケット購入直後に、ウェブサイトにログインし、日付指定の手続きをすることをオススメします。」と、丁寧に、下線部が引かれた項目があります。

この項目を、チケット購入時に確認しなかった私の、完全なるミスですが、その事実に気づいた時は、もうすでにパークの目の前にいたので、パニックに陥ってしまいました。急いでウェブサイトにアクセスすると、ディズニーアカウントへの、ログインまたは新しいアカウント作成を求められます。ディズニーアカウントの方で、事前購入チケットの番号を入力することで、日付指定が可能になるとのこと。

日本のディズニーアカウントではなく、海外のディズニーアカウントなので、間違えないように注意しましょう。アプリ下の、一番右の3本線のマークを押すと、事前購入した電子チケットを、アプリにリンクできるLink To Accountがあるので、それをクリックします。電子チケットに記載されている、番号のIDを入力すると、電子チケットをアプリに紐付けすることができ、そこからパークインの日付指定ができるはずです。

しかし、日付指定を試みるも、時既に遅し…その当日と次の日の枠は完売しており、操作不可能でした。カリフォルニア旅行に来た、一番の目的は、このカリフォルニアディズニーランドだというのに、チケット代$200だけ払って、何もせずに帰宅、というコースしか、もう残っていませんでした。一緒に来てくれた妹にも申し訳なく、でももう途方に暮れるしかなく…という状態でしたが、入園ゲート付近にある、チケットブースが目に入ったのでした。その日は、チケットブースでさえ、長蛇の列ができており、カウンターにたどり着くまで、かなりの時間を要するであろうと、予測できましたが、もう私たちには、残っている選択肢がなかったので、気が付いたら、チケットブースの列に並んでいました。

新しいチケットにプラス250ドル

チケットブースの列の整理係らしきおじさんに、

「ここに並べば、チケットが買えますか?」

と聞くと、

「それはカウンターのスタッフに聞かないとわからないよ。」

と返ってきたので、カウンターで当日枠について聞くために、列でしばらくじっと待ちました。いよいよ私たちの番になり、女性スタッフに

「Hello! どういったご用件ですか?」

と聞かれました。どうせ無駄だと思っていたので、事前購入したチケットのことは伝えずに、

「今日指定で、パークチケットの空きがあるなら、それを2人分購入したいんですけど…」

と伝えると、

「今日の分はもう売り切れてるけど、明日であれば、Hopper Ticketという、1日のうちで2つのパークを行き来できるチケットを、ご用意できますよ。」

と返ってきました。なんとそのHopper Ticketの値段は、1人$250以上…2Dayのチケットの2倍以上の値段でした。あまりの高さに、妹と2人で驚愕していると、カウンターの女性は

「とりあえず、次のお客さんを通すので、お二人で話し合ってください。どうするか決めたら、その時点で教えてくれれば、すぐに対応するので。」

と言ってくださいました。列から外れ、妹と話し合いましたが、私は、もうすでに$200チケットに払っていたのに、さらに$250追加で払うというアイディアに、とてもすぐには賛成できませんでした。妹はというと、「チケット手配とか、色々手続きやってくれた姉ちゃんのことは、責めてないよ。ここまで来ちゃったんだから、私は追加でお金を払ってもいいと思ってる。もうしょうがないじゃん、それしか方法ないんだし。」と、チケット課金案に賛成のようでした。申し訳ない気持ちはありつつも、確かに、ここまで来たらもう、新たにチケットを購入して、今日は帰宅、明日また新しい気持ちで、パークを楽しむ…もうポジティブになるしかない、と思い、チケットを新たに購入することに決めました。

スタッフの女神様対応

激混みしているDisneyland Parkの入園ゲート

チケットカウンターの女性の元に戻り、

「明日のHopper Ticketを、2人分、購入したいです。」

と伝え、支払い手続きの準備が始まりました。その時、妹がちょうど開いていた、ディズニーアカウントで、先ほど登録するだけしたチケットのQRコードのページが、女性スタッフの目に留まったのです。その瞬間、

「ちょっと待って、まだクレジット切らないで!!!あなたの携帯の、そのQRコード、何?!?!」

と言いました。私は、

「実は、事前に2Daysのチケットを、オンラインで購入したんですけど、日付指定も事前にしないといけないことを、今日まで知らなくて…このチケットはもう使えないって分かったので、新しくチケットを購入するしかないと思って、このチケットブースに並んだんです。」

と、説明しました。すると、女性スタッフは、妹の携帯を見て、

「ちょっと、あなたの携帯の画面、見せてくれる?」

と言い、QRコードを確認すると、何やらパソコンでカタカタ作業をし始めます。

「あなたたちのチケットでは、Disneyland ParkDisney’s California Adventure Parkの2つのパークを、1日1パークずつ入れるけど、今日はどちらに先に入りたいですか?私のオススメは…明日Adventure Parkの方が混むことが予想されるので、今日はAdventure Parkで、Disneyland Parkは明日に回すことですね。」

と、わざわざオススメのコースまで提案してくださったのです。まだうまく状況を飲み込めていない私たちでしたが、とりあえず、スタッフのオススメ通り、1日目がAdventure Park、2日目をDisneyland Parkにすると、伝えました。(もしかして、これ、イケるのでは…?!)と、絶望のどん底から反転、希望で心が晴れていく感じがしました。しばらく待つと、スタッフが、

「これでよし!たった今、あなたたちのオンラインチケットの日付を、今日と明日に指定しました。なので、このQRコードは、今から使えますよ。お二人とも、楽しんできてくださいね:)」

と言って、私たちのチケットを、日付指定された、有効なチケットに変えてくださったのです!!!!その時の、スタッフの笑顔は、女神様のようで、今でも忘れられません…( ;  ; )( ;  ; )( ;  ; )もう、完全に諦めていました。新たにチケットに課金をするしか、方法はないと思っていました。チケットが使えると分かった瞬間、飛んで喜びましたヽ(;▽;)ノ♡♡♡!!!!!!!本当に、あの女性スタッフには、感謝してもしきれません。女神様の対応でした。こうして、無事に、パークインすることができて、初めてのカリフォルニアディズニーランドを、思う存分楽しむことができるのでした。

まとめ

危うく、ディズニーランドにパークインできずに、そのままカリフォルニアを後にするという、悪夢のようなシナリオになるところでしたが、私たちの運の良さに救われ、なんとか危機を回避することができた、というお話でした。あの時、私たちの対応をしてくださった女性スタッフに、大きな感謝を伝えたいです。

一方で、オンラインで何かを購入するときに、記載されている規約等は、隅々までしっかりと、目を通さないといけないことを、その日に思い知らされました。色々な意味で、とても勉強になった1日でした。このエピソードが、アメリカのディズニーランドに行く予定の皆さんにとって、有益な情報となりますように…。オンラインでチケットを購入する際は、しっかりと規約を確認することと、日付指定の手続きを忘れないように、注意してください。

love,

yuna

コメント